ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立産機システム

背景

オペレータがワークの着脱および工程間搬送を担当

課題

  • 1名のオペレータが複数の工作機械のワークの着脱、加工状態の確認、チョコ停の対応まで行っている

  • ワークが重量物になる場合がありオペレータには、かなりの負担になっている

  • 多品種化で段取り時間が増加

  • 結果として工作機械の稼働率が低下

解決

  • ロボットを活用したワークの着脱、工程間搬送の自動化設備を導入

  • 同時に管理・監視システムを導入し生産スケジュール作成、見える化も行った

  • これにより、オペレータの負担軽減だけでなく工作機械の稼働率が大幅に向上、また24時間対応もでき納期短縮、生産量の増加が可能となった

工作機械のワーク脱着の自動化システム

どんなことでもお気軽にどうぞ お問い合わせ・ご相談