ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立産機システム

背景

市場ニーズに対応するためには、外箱だけではなく個装された小箱への作業が必要になった。

課題

  • 個装への工程が増えたことで、ラインの大改造が必要になった。

  • 現在のラインに機械、ロボットを追加するスペースが確保できない。

  • ラインの変更にはかなりの時間を要するため、なかなか決断ができない。

解決

  • ピッキングに適した高速ロボットはフレームの中に格納(セル化)されており
    動作に関わる事はパッケージ化されているため微調整ですぐに稼働できる。

  • セル化されているので、既設ライン上に設置でき、工程の変更が容易。

  • タクトタイムも短縮できた。

用途 想定作業 作業イメージ
整列 不揃いな姿勢で搬送される小箱などを整列して搬送、または、パレット、コンテナに積込みます 整列イメージ
仕分 不揃いな姿勢で搬送される小箱などを仕分けして搬送、または、パレット、コンテナに仕分けして積込みます 仕分イメージ
選別 同一コンベア上を搬送される小箱などで異形上のものを「別コンベア」に選別します 選別イメージ
箱詰め 整列され搬送される数個の小箱などを段ボール箱へ積込みます 箱詰めイメージ

※画像はイメージです

パラレルリンクロボット

ピッキングロボットセル

対象業種 食品、化粧品、薬品、物流
対象工程 ピッキング作業

仕様

3kgモデル 8kgモデル
ロボット可搬重量(kg) 3 8
リーチ(mm) 1130 1130
ハンド 吸着 *1
ワークサイズ(mm) 最大 400W × 300L
最少 15W × 15L
荷重(kg) 最大 2.4 7.4
コンベア設置幅(mm) 最大 450W × 2本 *2
*1
ワークにより最適なハンドを選定します。
*2
運用により最適なコンベアを選定します。

■セル仕様 寸法 1300W × 1900L × 2100H(コンベア含まず)

寸法

*
寸法・仕様は予告なく変更する場合があります

どんなことでもお気軽にどうぞ お問い合わせ・ご相談