ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立産機システム

背景

●重量物の搬送時、複数種のフレコンの玉掛けを手作業で行っている。
●在庫管理がデータ化されていない。

課題

  • 玉掛け作業、搬送を自動化したい。

  • 複数あるフレコンの種類は減らせない。

  • 格納場所・在庫管理のデータをデジタル化し活用したい。

解決

  • ビジョンセンサとディープラーニングの活用、玉掛け機構の独自設計により、ハンドなどを変更せず複数種類のフレコンの玉掛けを自動化。

  • 搬送の自動化と連動し、管理制御システムにより在庫・入出庫管理を可能に。

  • 作業効率も上がり、省人化にも貢献。

  •  複数種類のフレコンを変更せず玉掛けを自動化
  •  在庫情報を新たにデジタル化し情報システムで活用

「ビジョンセンサを用いた重量物搬送システム」の構成イメージ

どんなことでもお気軽にどうぞ お問い合わせ・ご相談