ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立産機システム

業  種 食品
導入工程 ピッキング〜箱詰め梱包、パレタイズ
目  的 コスト削減、生産性の向上、不良率の低減、
トレーサビリティの確保

スマート化のレベル 1.データの収集・蓄積

スマート化の概要

スマート化の背景

  • 製品のピッキングと、品種/数量別梱包箱への「箱詰め自動化」により、不足人員の対策を行う(5人×2直)。
  • 個装箱への品種誤り排除と賞味期限印字の自動化。
  • ピッキング以降出荷梱包までのトレーサビリティ確保。

効果・成功のポイント

  • 同一工程に、複数台のパラレルリンクロボットを配置。ピッキングによる整列、箱詰めの自動化が実現。
  • マーキングシステム(印字+印字検査)により印字自動化を実現。
  • 個体管理でトレーサビリティを実現。