ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立産機システム

熟練作業者の“力加減”を自動化

力覚センサの高精度化により、ロボットの力制御が高度化しています。これにより、従来自動化が難しいとされてきた熟練者の作業の自動化が増えてきました。
人手不足、後継者不足が深刻化し、リモート化が進む今だから、熟練者のスキルを引き継ぐ自動化をおすすめします。

力制御の仕組み

適応業種と導入目的

組立

電子部品の基板実装や部品同士の嵌(は)め合いなど、複雑な組立作業を正確に行います。

 適応業種

  • 電気・電子部品
  • 自動車、自動車部品
  • 機械部品、樹脂成型部品

 導入目的

  • 生産性向上、生産柔軟性向上
  • 省人化、複雑作業の代替
  • 品質安定・向上

組立

バリ取り

鋳造後・機械加工後の部品のバリ取りを行います。
バリ取りツールの圧力や速度を制御しながら適切な仕上げを実現。

 適応業種

  • 自動車、自動車部品
  • 工作機械、加工機械
  • 鋳造・鍛造、樹脂成型

 導入目的

  • 生産性向上、生産柔軟性向上
  • 省人化、過酷作業の代替
  • 品質安定・向上

バリ取り

どんなことでもお気軽にどうぞ お問い合わせ・ご相談