ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立産機システム

背景

原材料保管にフレキシブルコンテナを使用し入出庫作業はフォークリフトで行っていた。

課題

  • 在庫管理が紙なので出庫する材料を探すのに時間がかかる

  • 出庫時積み替え作業が発生

  • 転倒の危険があるので段積みできずフォークリフトの走行通路も確保しなければならず無駄なスペースができる

解決

  • フレキシブルコンテナ搬送システムを導入

  • 入出庫作業を自動で実施

  • 管理・制御システムにより在庫・入出庫管理が可能

  • 段積み可能となるため倉庫スペースの有効活用ができる

  • 転倒防止柵があるため事故へのリスクが軽減

専用フレコンを倉庫内に立体的に収納。
フレキシブルコンテナは搬入レーン以外
のほぼ全域に段積みできるため、倉庫
効率を最大限に引き出す事ができます。

フレキシブルコンテナ管理・制御システム

どんなことでもお気軽にどうぞ お問い合わせ・ご相談