ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立産機システム

背景

●商品をパレットに積載し、作業者がハンドリフタを使い、搬送している。
●フードディフェンス対応が必要。

課題

  • 一定数の商品を積載後、自動搬送したい。

  • 各室を跨る商品搬送時に、異物混入防止対応が必要。

解決

  • AGVの導入により搬送を自動化するとともに省人化を実現。

  • IoT対応産業用コントローラ HXによる、AGV運行管理と各扉のインターロック制御により確実なフードディフェンスを実現。

AGVによるパレット搬送システム

今回導入したAGV のご紹介(KKS 社製)

当社レーザー測位システム「ICHIDAS」が採用されています

レーザー測位システム「ICHIDAS」

■ 複数の誘導方式に対応

磁気誘導方式、誘導テープの要らないレーザー誘導方式、双方のメリットを活かしたハイブリッド制御方式から選択可能

■ 小型でも重量搬送に対応

業界最小クラスのサイズで、1 トンまでの重量物搬送に対応

■ 高速非接触充電装置内蔵

非接触充電装置を搭載し、安全・全自動の高速充電が可能

■ 悪路にも対応

傾斜や段差、アスファルトなどでも走行可能

IoT対応産業用コントローラHX

IoT対応産業用コントローラHXにより
【AGVの運行管理】【各扉のインターロック制御】を実現!

どんなことでもお気軽にどうぞ お問い合わせ・ご相談

フードディフェンス(食品の防御):食品への意図的な異物の混入を防止する取り組み