ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立産機システム

さまざまな条件に対応した高機能マスターレスデパレタイズ

従来のデパレタイズロボットシステムでは、段ボール箱の荷姿や強度によっては把持できなかったり箱の破損が発生するなどの課題がありました。
このたび、このような課題にも柔軟に適応できる高機能なデパレタイズロボットシステムをリリースしました。
物流現場の自動化、効率化の推進に貢献します。

従来の課題

課題を解決する新機能

課題1 搬送時に荷がずれると箱が取れない。/新機能1 パレット上の荷が整列されていない場合でもビジョンセンサが適切に位置を判別し箱を取ります。

課題2 箱の上面がミシン目で、上面吸着すると箱が壊れる。/新機能2 上面と側面2方向吸着で解決します。(お客さまの条件に合った特殊ハンドも製作可)

課題3 箱が整列されてなく、欠落(抜け)になると箱が取れない。/新機能3 箱が欠落(抜け)の状態でもビジョンセンサが適切に位置を判別し箱を取ります。

課題4 吸着式ハンドより吸着面が小さい箱の取扱いが難しい。/新機能4 ビジョンセンサで箱の位置を認識し、隣接する箱と干渉しないようにハンドをオフセットし箱を取ります。

どんなことでもお気軽にどうぞ お問い合わせ・ご相談