ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立産機システム

環境調和型変圧器 Superアモルファス奏(かなで)

私たち日立産機システムは、さまざまな環境問題に向き合い、製品の高性能化のみならず、環境性能の向上に取り組んでいます。そして新たに、環境に優しいエステル油を採用した次世代の変圧器として、環境調和型変圧器「Superアモルファス奏シリーズ」を開発しました。

優れた製品ライフサイクル Super アモルファス奏〈かなで〉は製品ライフサイクル全体を通じて、環境性能の向上を追求しています。

植物由来の大豆油で環境に優しい。

Superアモルファス奏の絶縁油には、自然界の微生物によって分解される性質(生分解性)を持つ大豆油が使用されています。そのため、災害などで漏油が発生しても、土壌や河川、海洋への汚染の懸念が少なく、一般的な変圧器で使用される鉱油に比べて、高い安全性を有しています。また、大豆油の焼却や処理により二酸化炭素を排出しますが、原料となる大豆が成長過程の光合成で二酸化炭素を吸収しているため、ライフサイクルの中で排出と吸収を相殺すること(カーボンニュートラル)ができ、環境負荷の低減に貢献します。

二酸化炭素の循環

もしものときに備える優れた防災性。

大豆油は引火点が320℃と従来の鉱油に比べ高く、消防法の分類では指定可燃物であり、危険物ではありません。
そのため、保管時の条件が緩和される場合があります。
また、Superアモルファス奏には、FM Global社*1が制定する認証規格や、UL*2認証に対応した防災性に優れた大豆油を採用しています。

*1
FM Global社:米国保険会社
*2
UL:Underwriters Laboratories (米国試験機関)

消防法の分類 / 絶縁油の引火点

コンパクト設計でスペースをより有効に。

Superアモルファス奏は、電気室や盤内の設置スペースの有効活用にも貢献します。
高温でも使用可能な大豆油と耐熱紙を適切に組み合わせたセミハイブリッド絶縁により、変圧器の耐熱クラスを引き上げることで、従来のトップランナー変圧器と比べて据付面積を最大で18%縮小化*しました。またリプレイス対象となる高経年変圧器との比較では据付面積を31%もの縮小化*を実現しています。

*
当社比、三相1000kVA/50Hzの場合

従来のトップランナー変圧器と比べて据付面積を最大で18%縮小化

求められる省エネルギー化に貢献。

トップランナー変圧器2014のロゴマーク

工場やビルなどの幅広い分野で使用されている配電用変圧器は、経済産業省より特定機器に指定され、省エネルギー化への対応が求められています。Superアモルファス奏は、鉄心にアモルファス合金を採用しているため、無負荷損を低減することができ、トップランナー基準のエネルギー消費効率に対して15%以上の省エネルギー化を実現します。

鉄心にアモルファス合金を採用

アモルファス鉄心が電力損失を低減。

通常の金属や合金では、原子が規則的に配列した結晶構造を持っているのに対し、アモルファス合金はランダムな原子配列の構造を持っています。変圧器の鉄心に使った場合には、ヒステリシス損*1と渦電流損*2が極めて少なくなり、電力変換のロスを抑えることができます。

アモルファス合金概念図
アモルファス合金概念図

*1
ヒステリシス損=鉄心内の磁束が変化することで分子相互間に発生する摩擦損のこと。
*2
渦電流損=磁束の変化で鉄心内に発生する電流の抵抗損失のこと。

エネルギー消費効率比較

計算例:電気料金(千円/年)=(無負荷損(W)+負荷損(W)×(等価負荷率)2)/1,000×365(日)×24(h)×単位電力量料金(15円/kWh)/1,000

*
1980年製の代表特性値

基本仕様

相数 定格電圧(V) 定格容量
(kVA)
周波数
(Hz)
結線 適用規格
一次電圧 二次電圧
三相 F6750-R6600-
F6450-F6300-6150
210 300, 500 50
または
60
JEC 2200-2014
JEM 1500-2014
IEC60076-14 準用
750, 1000
420-242 300, 500 50 JEC 2200-2014
JEM 1500-2014
440-254 60
420-242 750, 1000 50 JEC 2200-2014
JEM 1500-2014
IEC60076-14 準用
440-254 60

上記以外の仕様は別途お問合せください。

詳細はお問い合わせください