ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立産機システム

TH5-10

主な特長

  1. ダブルチャンネル構造フレームの採用により、ガーダ取り付け(船底式、横づけ式)が自在に行えます。
  2. ブレーキトルク調整範囲が、モータ定格トルクの0〜60%までと広く、便利です。
  3. クレーン組み立て調整用芯出しマークにより、作業時間を短縮できます。
  4. 駆動側車輪部は、ギヤカバー付きです。
  5. 配線作業が手軽に行える端子ボックス付き。クッションスタータも簡単に接続できます。

標準仕様表

形式
仕様
TH5-10 TH5-28 TH5-30 THL5-30 TH5-56 THL5-56 TH5-75 TH6-100 TH-112
(受注品)
最大スパン(m) 10 12 16 20 18 20 20 22 20
最大輪重(t) 1.0 2.8 3.0 3.0 5.6(4.0)* 5.6(4.0)* 7.5(5.0)* 10.0(5.6) 11.2(7.0)*
走行速度
(m/s、50/60Hz)
0.35/0.417(21/25) 0.417/0.5
(25/30)
モータ出力
(kW、50/60Hz)
0.30/0.36×2台
ブレーキ付き
0.70/0.84×2台
ブレーキ付き
1.5/1.8×2台
ブレーキ付き
2.5/2.9×2台
ブレーキ付き
モータ極数 4
反復定格 25%ED、250回/h
電源(三相) 200V 50/60Hz 220V 60Hz
定格電流
(A、50/60Hz)
1.9/1.5×2台
〔1.7×2台〕
2.3/2.1×2台
〔2.3×2台〕
3.0/2.3×2台
〔2.6×2台〕
3.0/2.3×2台
〔2.6×
2台〕
10.9/10.8×2台
〔9.8×2台〕
7.0/5.5×2台
〔5.5×2台〕
車輪径(mm)
(材質)
φ125
(FCD熱処理)
φ180
(FCD熱処理)
φ250
(FCD熱処理)
φ300
(FCD)
φ355
(FCD)
φ355
(FCD)
走行レール
(kg)
12、15 15、22 22、30 30、37 30、37 30、37
概略質量
(kg)
70×2 110×2 175×2 190×2 250×2 310×2 440×2 650×2 650×2
適用ホイスト モノレール モノレール、ダブルレール
*1
本体塗装は「さび止め塗装」のみとなっています。
*2
〔 〕内定格電流は220V 60Hzの値を示します。
*3
モノレール用としてお使いの場合は(  )内輪重でご使用ください。
*4
TH-112の始動電流は、モータ1台当たり、53/46A (200V 50/60Hz) 51A (220V 60Hz) です。
*5
走行速度の( )内は、m/min換算値を示します。

サドルの選定

サドルの選定

*
上図のサドル選定は最大スパンに対するホイスト容量を示したもので、実際にはガーダを含んだ輪重計算を必要とします。