ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立産機システム

SLM5-10

日立サスペンション形ウレタンホイールサドルは、トップラン形無軌条クレーンサドル同様、車輪にウレタンゴムを採用し、さらに最新の技術をプラスした新鋭機です。
鉄車輪の不快な音をなくし、低振動走行が行えるため、住宅に接近した工場や、倉庫と事務所が一緒になっている建屋などにも導入いただけます。

主な特長

  1. 鉄車輪の接触音がなくなり、低騒音化が図れます。(当社比約5dB低減)
  2. 車輪のころがりがなめらかで、ウレタン車輪がホイストの振動を吸収するため、建屋などに伝わる振動が少なくなります。(当社比約50%低減)
  3. ガイドローラを採用し、従来のフランジ接触音をなくし、走行がなめらかです。
  4. 配線作業が手軽に行える端子ボックス付きです。
  5. 駆動側動力伝達部(中間シャフト部)はユニット式で、架設時の分解、取り付けが容易です。
  6. クレーン組み立て調整用芯出しマークにより、作業時間を短縮できます。

標準仕様表

形式
仕様
SLM5-10 SLM5-28
最大スパン(m) 10 12
最大輪重(t) 1.0(2輪で) 2.8(4輪で)
走行速度 50/60Hz (m/s) 0.35/0.417(21/25)
モータ出力 50/60Hz (kW) 0.30/0.36×2台(ブレーキ付き) 0.50/0.60×2台(ブレーキ付き)
モータ極数 4
反復定格 25%ED、250回/h
電源(三相) 200V 50/60Hz、220V 60Hz
定格電流(A 50/60Hz) 1.9/1.5×2台〔1.7×2台〕 2.9/2.5×2台〔2.7×2台〕
車輪径(mm)(材質) φ144 (ウレタンゴム被覆)
適用走行Iビーム(mm) 250×125×7.5、300×150×11.5、 450×175×11
概略質量(kg) 150×2 240×2
*1
本体塗装は「さび止め塗装」のみとなっています。
*2
〔 〕内定格電流は220V 60Hzの値を示します。
*3
走行速度の( )内は、m/min換算値を示します。

サドルの選定

サドルの選定