ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立産機システム空気圧縮機・関連機器

省エネ効果を最大限に発揮するVplus
エアー量に合わせモータ回転数を可変速制御し、
ムダな電力費を省いた次世代の進化系

Vplusは必要な空気量に合わせる可変速制御

従来の一定速機に比べVplusは必要な空気量に合わせて理想的な容量制御を行うため、無駄な仕事がほとんどなく電力費の削減が図れます。

Vplusは必要な空気量に合わせるインバータ駆動

一定圧力制御により、必要な空気量を必要な圧力で供給

一定圧力制御により、必要な空気量を必要な圧力で供給

圧力変動幅±0.01MPa以下の高精度な一定圧力制御ができますので、使用機械に必要な最適圧力の空気を効率よく供給できます。
さらに設定圧力は0.01MPa刻みに設定でき大幅な省エネが図れます。

運転圧力維持機能


関東地方発明表彰「県知事賞」受賞

独自の制御で低負荷運転時でも設定圧力を維持可能。 特許取得済
一般的な可変速機は、低負荷運転や自動発停時には圧力低下が生じるため、設定圧力を予め高くする必要がありますが、Vplusでは運転圧力維持機能により確実に省エネルギーを推進できます。

運転圧力維持機能

使用範囲をさらに広げるPQワイドモード


関東地方発明表彰「発明奨励賞」受賞

圧縮機の最高回転数を自動調整し、使用圧力を下げた場合に吐出し空気量を増大可能。 特許取得済
一般的な可変速機と比べて圧力(P)、空気量(Q)ともに広い範囲で運転が可能です。

PQワイドモード説明図

目的に合わせた使い方を可能にするPQワイドモードスイッチ

ニーズに応じて、PQワイドモードはパネル上から「オン/オフ」選択が可能です。

圧縮機の定格動力を最大限に生かして空気量を必要とする場合は、PQワイドモード:オンがおすすめです。

使用空気量がはっきりしていて、圧力低減で確実に電力を下げたい場合には、最大動力がカットされるPQワイドモード:オフがおすすめです。