ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立産機システム空気圧縮機・関連機器

省エネ・省電力の先端テクノロジー
めざしたのはハイパフォーマンスの完成形

容量制御方式の特長

方式 特長
U式 吸込み絞り弁方式*1 吸気量は吸入絞り弁の無段階開閉制御で調整
I式 減圧運転方式 吸気量は吸入絞り弁の0% or 100% 開閉制御で調整。
低負荷時はオイルタンク内圧力を下げて軸動力を低減。
P式 モータ自動発停制御方式 吸気量は設定圧力による自動停止と、自動起動で調整
V式 モータ回転数可変制御方式 吸気量は設定圧力によるモータ回転数の可変制御で調整
PQワイドモード 圧力毎に吸気量を広範に設定制御。
低圧時は吸気量を最大105%まで調整可。
*1
オプション

容量制御方式の比較・効果と対応タイプ

方式 U式 I式 P式 V式
吸込み
絞り弁方式*1
減圧運転方式 モータ自動発停
制御方式
モータ回転数
可変制御方式
PQワイドモード
比較

効果
圧力変動→少
省エネ効果→少
U式と比較し
圧力変動→大
省エネ効果→大
I式と比較し
圧力変動→大
省エネ効果→大
圧力変動→極小
省エネ効果→最大
圧力変動→極小
省エネ効果→最大
タイプ Stype Stype
Mtype Mtype Mtype
Vtype Vtype Vtype
Vplus Vplus Vplus Vplus
*1
オプション
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。