ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立産機システム空気圧縮機・関連機器

先進のテクノロジーで、省エネ、ランニングコストの低減と使い勝手のよさを実現した
HISCREW NEXTseries

低圧損設計

大型の吸込みフィルタ、オイルセパレータ、クーラの採用に加え、低圧力損失ドライヤーを新規に開発。
機内圧力損失によるエネルギーロスを最少とし、省エネ性能を最大限に発揮します。

大型フィルタ採用で余裕度アップ

吸込みフィルタは従来機より1サイズ大きいフィルタを採用し圧力損失によるエネルギーロスを低減。

大型フィルタ

吸込みフィルタの有効濾過面積比率(従来機比)

ろ過面積比率グラフ

エアードライヤー

低圧損ステンレス熱交換器

低圧損ステンレス熱交換器を新開発。
圧力損失によるロスを低減するとともに、耐久性も向上させました。
(従来のシェル&チューブタイプと比較し圧力損失を約1/3に低減)

信頼性の向上

従来機と比べ、高周囲温度での運転能力を向上しました。

ドライヤー写真

省エネドレン排出機能

使用空気量に応じて、電磁弁によるドレン排出間隔を自動調整。無駄なエアー排出を最少にしています。(Vplusのみ)

オイルセパレータ

油の消費量を低減

吐出し空気中に含まれる油分を従来機比60%低減し、0.002cc/m3レベル。鉱物油を使用する一般的な空気圧縮機に対し、大幅に必要油量を削減しています。

オイルセパレータ

ステンレス製ハウジング

ステンレス製オイルセパレータハウジングを新規に開発。耐久性を向上させました。

ロング・シンプルメンテナンス

着脱可能な前面扉を外した内部に、フィルタ、調整弁などの機器を配置、点検・整備が簡単です。

オーバーホール期間8年(※)

  • ※1.一部の仕様及び運転条件を除く
  • ※2.100kW,160kW機は6年

耐荷重能力の高い高負荷型軸受と、精度の高い潤滑油濾過システムの組み合わせで、圧縮機本体のオーバーホールは8年毎です。

高負荷型軸受写真

オイルセパレータ写真

濾過面積アップ(オイルセパレータ)

メンテナンス性に優れたスピンオン型オイルセパレータを採用。オイルセパレータエレメントの濾過面積も従来機に対し増大し、さらに安定した油分離性能を発揮します。

油交換は2年毎でOK

最高水準の耐久性を持つ圧縮機専用油「NEW HISCREW OIL NEXT」を充填、油交換周期は2年毎です。

NEW HISCREW OIL2000

オイルセパレータ写真

大型吸込みフィルタ

大型のカートリッジ式吸込みフィルタを採用。旋回力とフィルタによる2段階分離方式の組み合わせにより、高い捕集率とフィルタ清掃間隔の延長を両立しました。

システムアップ

特許 第3547314号他

Vplusを中心とした日立独自のシステムアップにより、省エネニーズにフレキシブルに対応。
トータルメリットで差をつけます。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。