ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立産機システム空気圧縮機・関連機器

Web監視するにあたり特別なソフトをインストールしなくても、インターネットによる監視拡大や保守管理システムへのグレードアップができます。オフィスから、既存パソコンでリアルタイムにWeb監視(圧縮機の機能、設定、運転状態)ができるので、運転機器管理の省力化、省エネ化に貢献します、分散設置の圧縮機の監視にも最適です。
また、専用ソフトのインストールにより運転・停止・圧力設定が可能になります。(COS-200N)

システムの特長

1. 点検、保守の省力化

1ユニットで圧縮機4台までの設定、運転状態の一括監視ができます。(点検頻度の削除、保守要員の省力化)

2. 省エネ管理が容易

負荷率、電流、運転データ、平均負荷データから負荷変動が把握できます。(DSP Vtypeでは運転周波数、出力の監視も可能)

3. 故障認知・メンテナンスの迅速化

事務所のパソコンで発/停、台数制御、スケジュール運転等の設定が可能。LAN環境なので工事や接続も簡単です。

4. 省工事と迅速化

RS485マルチドロップ方式を採用。既存LANと接続ができ、配線工事が容易で経済的です、別途データベース管理ソフト(近日中発売)をパソコンにインストールすることにより、トレンド作成などの監視機能の強化が図れます。

5. Monitoring(監視機能)のほか、遠隔操作も可能(COS-200Nのみ)

COS-200Nには遠隔操作のソフトが付属し、HISCREW NEXT series圧縮機をPCから操作が可能となりました。(PCのソフトインストールが必要)

システム構成

イントラネットを利用し既存のパソコンで監視

システム構成図

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。