ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立産機システム

高い信頼性と操作性を実現、高機能形、高頻度形

写真:高機能モートルブロック Super Fシリーズ 2.8t
2.8t

写真:高機能モートルブロック Super Fシリーズ 7.5t
7.5t

仕様表

定格荷重 2t 2.8t 5t 7.5t 10t
形式 巻上部 2SFNH2 2.8SFNH2 5SFNH2 7.5SFNH2 10SFNH2
横行部 3SFTN2 5SFTN2 10SFTN2
標準揚程(m) 6
巻上 速度(m/s) 高速 0.142(8.5) 0.117(7.0) 0.070(4.2) 0.040(2.4) 0.062(3.7)
低速 0.035(2.1) 0.03(1.8) 0.018(1.1) 0.010(0.6) 0.015(0.9)
モータ (kW) 高速 3.0 3.7 3.7 3.7(2台使用)
低速 0.75 0.9 0.9 0.9(2台使用)
極数 4
横行 速度(m/s) 高速 0.417(25) 0.208(12.5)
低速 0.105(6.3) 0.052(3.1)
モータ (kW) 高速 0.7 0.35 0.40
低速 0.18 0.09 0.10
極数 2 8
電源(三相) 200V 50/60Hz、220V 60Hz
操作電圧回路(V) 24
リンクチェーン 線径 φ11.2
掛数 1 2 3 4
反復定格 巻上部 高速 30%ED、90回/h
低速 15%ED、180回/h
横行部 高速 30%ED、90回/h
低速 15%ED、180回/h
等級(JIS B 8815) M5 M4
適用ビーム幅(mm) 100 100 125 150 150
125 125 150 175 175
150 150 175 190 190
操作方式 床上押ボタン操作(非常停止ボタン付)
保護階級(JIS C 4034-5、C 0920) IP55
*1
巻上、横行速度の( )内は、m/min換算値を示します。
*2
適用ビーム幅の出荷時の大きさを は出荷時の大きさを示します。
*3
仕様表に記載してある数字は変更する場合があります。
*4
つり上げ荷重は上表の定格荷重に記載のロードブロック質量を加えてください。

特長

安全性向上の実現

メカニカルブレーキと電磁ブレーキを併用した、信頼性の二重ブレーキ機構
異常荷重巻上防止機構(スリップクラッチ)採用で、異常荷重の巻き上げを防ぎます。
電動トロリ落下防止機構を標準装備しました。

耐久性向上の実現

負荷時間率、最大始動頻度向上の実現。
耐久性で高頻度使用にも優れたパフォーマンスを持続します。
防塵・防噴流形の保護構造(IP55)に準拠しています。

取扱性向上の実現

インバータ制御によりクッションスタート・ストップ操作でさらに使いやすく。
フック開口部UPにより玉掛け性向上

メンテナンス性向上の実現

運転情報の取得容易さの向上(USBメモリに保存) *USBメモリは付属しておりません。
電気部品をスイッチケースに集約してメンテナンス性を向上しました。
ケーブルの着脱を容易にするワンプッシュロックタイプのコンセントを採用し、さらに使いやすく。
アルミダイカストボディによる、日立独自のユニット構造を実現しました。

SuperFシリーズの専用展開

展開項目 専用展開の内容
電子式リミットスイッチ フック位置を検出し、巻上/ 巻下運転を自動的にクッション停止
外部接点出力 動作、異常状態等をリレーにより出力
特殊電源 【50Hz】380V、400V、415V
【60Hz】400V、440V
電源入切押ボタン付 操作回路電源入切、主回路電源入切(開閉器 付/ 不付)
揚程延長 最大揚程 50m 
  • *17m 以上:収納器別吊構造
操作電圧変更 200V
特殊チェーン ハイメッキチェーン(無電解ニッケルメッキ)
NCチェーン(金属拡散浸透処理)
二点吊り 荷の水平を保持して巻上げることができます。
ローヘッド形 できる限り上方まで荷を上げたい作業に適します。
絶縁階級向上 標準品はB 種ですが、F種絶縁(モータのみ)も可能です。
熱帯処理追加 モータのワニス処理を2回行い対処するものです。
上フック直結形 トロリと巻上げ本体をアイフックにて直結したものです。
特殊塗料 耐塩塗装、耐酸塗装について製作可能です。
鋼板製収納器 プラスチック製が標準ですが、鋼板製も製作します。
I ビーム一段上 SFT 形トロリのI ビーム幅を標準の1段上に対応します。
サーマルプロテクタ付 モータの焼損防止用としてサーマルプロテクタ付きも製作いたします。。

揚程変更(延長)

  • 標準的に下表の範囲で揚程を延長できますのでご用命ください。
  • 条件によっては下表以上も可能ですのでご照会ください。
  • * チェーン収納器は誤って小さいサイズのものを用いるとチェーンがあふれたり、故障の原因になるので絶対に避け、表1に示す通りか、または大きめの収納器を使用すること。
表1. 揚程別、収納器サイズ一覧表
形式 定格荷重 揚程(m)
3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
SFN 2t、2.8t SF(1) SF(2) 鋼板
5t SF(1) SF(2) 鋼板