ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立産機システムモータ

日本国内では、「エネルギー使用の合理化に関する法律」(省エネ法)にて、「トップランナー制度」が導入されています。このトップランナー制度とは、対象となる機器のエネルギー消費効率の目標基準値および達成年度を定め、機器そのもののエネルギー消費効率を高めていくように普及促進する制度のことです。三相誘導電動機は産業部門でポンプ・送風機・圧縮機などの多種・多様な使われ方をされています。
これらの消費電力量を削減することは極めて大きな省エネ効果が期待できると考えられ、2011年(平成23年)1月24日、トップランナー基準の「対象機器」とすることが発表されました。その後の審議を経て、2013年(平成25年)1月28日に以下の目標基準値・目標年度を含む基準が策定されました。

効率クラス(JIS C 4034-30:2011)
IE3 プレミアム効率
(トップランナー規制効率相当)
IE2 高効率
IE1 標準効率
*
IEC60034-30:2009に整合
目標基準値(効率値) 「JIS C 4034-30:2011 単一速度三相かご形誘導電動機の効率クラス(IEコード)」の
プレミアム効率(IE3)に相当
目標年度(規制開始時期) 2015年度(平成27年度)

なお、トップランナー制度は製造事業者(機器の製造または輸入を反復継続しているものをさす)への規制であり、規制開始後はトップランナー規制に対応した高効率モータの供給が原則となります(規制開始以前から使用している機器は、ご使用いただけます)。
2013年(平成25年)10月25日に省エネ法の一部を改正する政令が公布されました。

規制開始までのスケジュール

規制開始までのスケジュール説明図

詳細は、下記の日本電機工業会のページをご参照ください。

モータ高効率化の各国動向

国名
(地域)
標準効率(IE1) 高効率(IE2) プレミアム効率(IE3)
規格 規格 法的規制 規格 法的規制
米国 NEMA
MG1-12-11
(EPAct)
1997〜
NEMA
MG1-12-12
(EISA)
2010.12〜
欧州(EU27) CEMEP
EFF2,3-1998
欧州委員会規則
640/2009
2011.6〜
欧州委員会規則
640/2009
2015.1〜(7.5kW〜)
2017.1〜(0.75kW〜)
中国 GB18613
-2002
GB18613
-2006
2011.7〜
GB18613
-2012
2016.9〜(7.5kW〜)
2017.9〜(0.75kW〜)
GB18613
-2012
2012.9〜
日本 JIS C4210 JIS C4212 JIS C4213 2015.4〜
JIS C4034-30
(2011)
JIS C4034-30
(2011)
JIS C4034-30
(2011)

当社では、トップランナー規制に対応したプレミアム効率モータ
「ザ・モートルNeo100 Premium」シリーズを発売中です

「ザ・モートルNeo100 Premium」シリーズ
「ザ・モートルNeo100 Premium」シリーズ

本製品に関する詳細情報はこちらをご参照ください。