ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立産機システムモータ

可変速運転で、さまざまな用途にお応えします。

日立標準モータ+インバータ

インバータ

現在、あらゆる産業分野の中心で可変速モータが使用されています。
その代表的なものがインバータによる可変速駆動。
日立トップランナーモータは、標準品そのままで日立インバータと組み合わせて使用可能!
高い信頼性でさまざまな産業界のニーズにお応えします。

特長

標準モータをそのまま使用可能!

標準モータ(日立トップランナーモータ)は、豊富な経験と積み重ねた技術により、発熱を抑え、耐サージ性を備えています。このため、標準品をそのまま日立インバータと組み合わせて使用が可能です。

優れた特性

標準モータ(日立トップランナーモータ)で1:10定トルク運転が可能*1幅広い範囲でお使いいただけます。

*1
センサレスベクトル運転時。30kW以上のモータでは、1:3定トルクに対応。
55kWを超える出力については、お問い合わせください。
下記のインバータ駆動時のご注意を参照の上、ご使用ください。

特性

トルク特性(適用出力0.4〜3.7kW)

トルク特性(適用出力0.4〜3.7kW)

トルク特性(適用出力5.5〜22kW)

トルク特性(適用出力5.5〜22kW)

トルク特性(適用出力30〜45kW)

トルク特性(適用出力30〜45kW)

トルク特性(適用出力55kW)

トルク特性(適用出力55kW)

インバータ駆動時のご注意

400V級インバータでモータを駆動する場合、配線等設置状況により、高いサージ電圧が発生する場合があります。本モータのサージ電圧耐量は、ピーク電圧1250Vです。(立上り時間0.1µs以上)
これを超える恐れのある場合は、フィルターやリアクトルをインバータ、モータ間へ設置してください。