ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立産機システムIoT対応産業用コントローラ

国際標準規格(IEC61131-3)準拠統合開発環境 HX-CODESYS

EHV+

国際標準規格IEC61131-3準拠5言語+オリジナル1言語対応

プログラマのスキルや処理内容に応じて選べるIEC61131-3準拠5言語+オリジナル1言語

  • ラダー・ロジック(LD言語)
  • シーケンシャル・ファンクション・チャート(SFC言語)
  • ファンクション・ブロック・ダイアグラム(FBD言語)
  • ストラクチャード・テキスト(ST言語)
  • インストラクション・リスト(IL言語)
  • コンティニアス・ファンクション・チャート(CFC・・・非IEC61131-3言語)

IEC61131-3準拠5言語
IEC61131-3準拠5言語

高いプログラムの可視性(可読性)

  • 処理内容に応じて選べるプログラム言語
  • 構造化プログラミング
  • プロジェクトツリー表示
  • マルチウインドウ表示、フロー表示
  • LD⇔FB⇔ILをワンタッチ切替え表示

など、プログラム全体で見やすく、わかりやすいのでプログラム開発工数を大幅に縮減できます。

見やすくわかりやすい開発環境

強力なデバッグ機能

  • プログラム・変数モニタ
  • フォース
  • ブレークポイント
  • フロー制御
  • シングルステップ実行
  • シングルサイクル実行
  • オンライン変更
  • サンプリングトレース
  • オフラインシミュレーション

など、強力なデバッグ機能でシステム立ち上げ期間の大幅短縮を実現します。

強力なデバッグ機能

Webビジュアリゼーション機能(HMI機能)

  • HX CPU、MICRO-EHV+がwebサーバとなり、webブラウザからHMIとしてアクセスできるシステムです。

Webビジュアリゼーション

優れたプログラムの再利用性

よく使う機能やサブルーチンはファンクションブロックなどライブラリ化して登録しておけば簡単に他のプログラムから呼ぶこと(再利用)ができます。
従って、グローバル変数、構造化プログラミング、ライブラリ等により、プログラムを作れば作るほどプログラミング/デバッグ効率が上がります。

HXシリーズ、EHV+シリーズ、MICRO-EHV+シリーズ用機能プリインストール

HX-CODESYSは、3S社製統合開発環境CODESYS Version 3.5 をベースにしておりますが、以下の機能が追加されています。
(追加機能を手動でインストールすればHXシリーズ、EHV+シリーズ、MICRO-EHV+シリーズPLCを標準品のCODESYSでプログラミングすることは可能ですが、使い勝手の面から HX-CODESYSのご使用をお奨めします。)

  • HXシリーズ、EHV+シリーズ、MICRO-EHV+シリーズPLC用のDevice description xmlファイル(各CPUの定義ファイル)がプリインストール
  • HXシリーズ、EHV+シリーズ、MICRO-EHV+シリーズPLC専用ライブラリがプリインストール
    (エラー検出やカウンタモジュール用の型変換ライブラリなど)

システム要件

  • 必要動作環境
    メモリ : 4GB RAM以上
    CPU : 1GHz以上、デュアルコア以上
    HDD容量 : 2GB以上
  • 対応OS
    CODESYS開発環境は下記OSにて動作確認されています。
    Windows 7 (Service Pack 1以降) / 8/10(32/64ビット)

本製品に関する商標または登録商標について

  • CODSYSは3S-Smart Software Solutions GmbH の登録商標です。
  • Ethernetおよびイーサネットは、富士ゼロックス株式会社の登録商標です。
  • EtherCATはドイツBeckhoff Automation GmbHによりライセンスされた特許取得済み技術であり、登録商標です。
  • その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。