ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立産機システム配電監視システム

シンプルモニタシステム

特長

  • パソコンの常時稼動を不要とした簡易エネルギー監視システムです。
  • 1分ごとに収集したデータをグラフ表示・帳票作成して現状把握・管理ができます。
  • さらに部署ごと積み上げや1分トレンドで、省エネ・保守をサポートします。
  • ソフトウェア(DE-SDS、DE-SDM)は、「シンプルモニタシステム用ソフトウェア ダウンロードサービス」ページよりダウンロードできます。

構成例

構成例

接続可能な計測ユニット

電力量演算ユニット
DE-8WH4BMR、DE-8WH4B5R、DE-S8WHBM、DE-4WH2BMR、DE-4WH2B5R
パルス入力ユニット
DE-16PB3、DE-8PB3
アナログ入力ユニット
DE-4ARB
低圧絶縁監視ユニット
ZE-1CNF/B、ZE-2CNF/B、ZE-6NF/B、ZE-10NF/B
漏電リレー機能付き低圧絶縁監視ユニット
ZE-1CRF/B、ZE-2CRF/B、ZE-6RF1/2、ZE-10RF1/2
  • 低圧絶縁監視ユニット(ZE-1C、ZE-2C、ZE-6、ZE-10)は、有効分漏れ電流または基本波漏れ電流どちらかのデータ収集となります。(ユニット側の電圧系統設定によります。)
  • 電源監視ユニット(DE-15AX、DE-HSF、DE-HSB)や旧形ユニットなど、上述していないユニット(形式)は接続できません。
  • 三相4線電力量演算ユニット(DE-34WHB)はデータ表示ソフトウェア(DE-SDS)が対応していないため接続対象外としています。

注意事項

  • DE-SDMは、データ表示ソフトウェア(DE-SDS)のCSVファイルを集計・分析するマクロソフトウェアです。データ収集ソフトウェア(DE-SWA)のCSVファイルを集計・分析することはできません。
  • DE-SDSは、ロガーユニット(TUP-H)のUSBメモリ内のデータを取り込み、表示するためのソフトウェアです。ユニットと直接通信し、自動でデータ収集することはできません。
  • TUP-Hは、1分間隔でデータ収集し定期的にUSBメモリ内へ記録するロガーユニットです。計測中はUSBメモリを差し込んだ状態で使用してください。(必要に応じてUSBメモリを2個ご用意ください。)
  • 長時間USBメモリが差し込まれていないと、TUP-H内部メモリで許容できなくなった古いデータから自動で削除されます。(ユニット9台接続時は2時間以上差し込まれていないと順次削除されます。)
  • シンプルモニタは1分間隔でデータ収集する簡易エネルギー監視システムですので、10分間隔の配電・ユーティリティー監視システムとデータ互換ありません。(CSVファイルも同様です。)
  • TUP-Hをインタフェースユニット(DE-IF2)に置き換え、データ収集PCと接続することによりDE-SWAからのデータ収集・監視に切り替え可能ですが、過去データは読み出しできません。

マクロソフト(DE-SDM)を使用した分析例

マクロソフト(DE-SDM)を使用した分析例1

マクロソフト(DE-SDM)を使用した分析例2

適用

パソコン

DE-SDS

DE-SDS
O S Microsoft®Windows® 8.1 日本語版
H D OSの要求条件を満たす空き容量+25Gバイト以上の空き容量
メモリ 2Gバイト以上(32ビットOS)/4Gバイト以上(64ビットOS)
ディスプレイ 画面領域1280×768(WXGA)以上
.NET Framework® Microsoft®.NET Framework® 3.5 SP1 必須
アプリケーション pdfファイルを表示可能なアプリケーション
通信ポート LANポート(FTP転送使用時)

DE-SDM

DE-SDM
アプリケーション Microsoft® Excel 2010、Microsoft® Excel 2007

DE-SDMはMicrosoft® Excelを使用したマクロソフトウェアです。

USBメモリ

USBメモリ
対応規格 USB Ver.2.0 (Low-Speed、Full-Speed)
容量 4G〜32Gバイト (最大32Gバイトまで認識)
ファイルシステム FAT32
  • セキュリティ機能がないUSBメモリを使用してください。
    日本国内メーカー品を推奨します。
  • USBハードディスクは使用できません。
  • USBメモリは使用前に必ずフォーマットしてください。
    フォーマットのファイルシステムは「FAT32」にしてください。

ロガーユニット

DE-SDS
品名 ロガーユニット
形式 TUP-H
外観 ロガーユニット 外観
通信ポート シリアルポート: 1ch(計測ユニットとのRS-485通信用)
USBポート: 1ch(収集データの保存用、各種設定用)
LANポート: 1ch(データ表示パソコンへのデータ転送用)

設置仕様

DE-SDS
ユニット
電源
定格 AC入力(付属ACアダプタ)AC100V(50/60Hz) / DC入力(TUP-H本体)DC5V 500mA
消費電力 2.5W
外形寸法 幅75mm×高さ80mm×奥行30.5mm
質量 0.1kg
取付方法 35mm幅DINレール取付 または ネジ取付(M3×2)
付属品 ACアダプタ、ACアダプタ変換ケーブル、シリアルケーブル(長さ0.4m)

停電時バックアップ仕様

停電時は専用電池によるデータバックアップを行います。

DE-SDS
バックアップデータ 時計データ:停電時も計時
設定データ:ユニット、顧客、盤情報
収集データ:USBメモリ未格納分(2〜6時間)
バックアップ可能時間 1年(満充電にて)
バックアップ用電池 専用電池(CR17335)
使用推奨期限 5年

電池は通電状態では使用しませんが、使用推奨期限を過ぎますと上記バックアップ可能時間より短い時間でバックアップデータが消失する可能性があります。
交換の必要がある場合は有償にて交換いたします。

本製品に関する商標または登録商標について

  • Microsoft、Windows、Excelは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。