ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立産機システム空気圧縮機・関連機器

圧縮機台数制御装置「マルチローラー®EX」に監視対象通信基板を組込み、事務所のパソコンで圧縮機の稼動状況を把握し、パソコン上から遠隔運転操作、設定操作、故障情報の収集など、省エネ・省力化に大きく貢献します。

システム構成

MRマネージャーシステム構成図

主な機能

運転モニタ画面

運転モニタ画面
拡大図

運転操作画面

運転操作画面
拡大図

稼動履歴画面

稼動履歴画面
拡大図

電力トレンド画面

電力トレンド画面
拡大図

特長

1. 圧縮機の稼働状況把握と空圧設備管理が容易

事務所から圧縮機の運転状況、圧力や設定状態がリアルタイムで一括監視できます。また、圧縮機故障や圧力低下時にはアラーム発報、履歴の記録が可能です。

2. 予防保全の迅速化、メンテナンスコストの削減

稼働履歴、アラーム履歴、パラメータの変更履歴、トレンドグラフ管理等により保全管理が容易で、点検の頻度や保守要員の削減も可能です。

3. 遠隔から運転操作、各種設定操作が可能

事務所のパソコンで発/停、台数制御、スケジュール運転等の設定が可能。LAN環境なので工事や接続も簡単です。

4. 高機能化、流量・電力管理で省エネ向上

別途、流量センサ、電力量センサを接続することで省エネ推進、データは一年間保存できます。

仕様

通信仕様(マルチローラー側)

項目 仕様
コネクタ RJ45 (10/100Base-TX)
ハード構成 監視対応マスター基板
推奨ケーブル カテゴリー5 準拠品

パソコン仕様

項目 推奨仕様 内容
PC デスクトップタイプ CPU:1GHz相当以上、RAM:512MB以上
電源 UPSの採用 逓伝時のデータ保管のため、UPS(無停電電源装置)の導入を推奨
OS Windows®2000
or Windows®XP
Microsoft® Windows®2000 Professional Edition
Windows®XP Professional Edition(Home Editionはサポート対象外)
HDD 外付けHDDの装置 日報、月報のバックアップ用 (2GB 以上)
Cドライブ空き容量は4GB以上必要
ネットワーク 単独のネットワーク パソコンとマルチローラーは1対1で接続
パソコン(マルチローラーはIPアドレス初期値設定済)にIPアドレスの設定が必要
LAN配線 配線は200m以内 100m以内の場合はHUB無しでクロスケーブルにて直接接続が可能
長距離配線時は別途メディアコンバータ等で光ケーブル化する対応が必要
監視システム 専用システム化 原則として事務用パソコンとは兼用せず専用でシステム構成が必要
(別途インストールしたソフトが原因でフリーズした場合、監視可能も停止のためリスクを考慮して導入)

機能

機能 監視画面 内容
監視 運転モニタ画面
  • 圧縮機、補器の運転状態監視
  • 圧力の監視
  • 空気量の監視(MR側にトランスジューサの取付けが別途必要)
操作
設定
運転操作画面
  • マルチローラーの運転操作
  • マルチローラーの遠隔操作切替
  • 圧縮機、補器の連動/単独、単独時の運転/停止
先発機設定画面
  • ループ1、2の先発機設定
圧力・タイマ
パラメータ設定画面
  • 圧力1、2の設定、各種タイマの設定
管理 パスワード設定画面
  • パスワード管理(操作の制限)
稼動履歴画面
  • 稼動履歴(マルチローラー、圧縮機、補器、運転停止時刻、号機)*1
トレンドグラフ画面
  • トレンドグラフ(圧力、流量、圧縮機運転状態、電力量)*1
アラーム履歴画面
  • 圧縮機、補器の故障状態監視(故障、警報)
  • 圧力低下警報
圧縮機電力量設定画面
  • 電力量設定*2
帳票画面
  • 帳票(圧力、圧縮機稼動、空気量/電気量)*2
    日報、月報、印刷の機能*1
パラメータ変更履歴画面
  • パラメータ変更履歴(設定変更の履歴)*1
ウィークリータイマ設定画面
  • スケジュール設定(PC上のカレンダーで日毎のスケジュールで運転停止可能)
その他
機能
  • 詳細データ保存(10秒毎の圧力、流量データをCSVファイルとして保存)
  • 時刻同期(マルチローラーの時計を0:00に自動修正)
*1
データは1年間保存
*2
別途各トランデューサ取付けが必要

本製品に関する商標または登録商標について

  • Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corp.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • Ethernetは、米国Xerox Corp.の商品名称です。
  • その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。