ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立産機システム

商用系統との連系に必要な保護機能を備えた、太陽光発電システムのキーデバイスです。

パワーコンディショナ 100kWモデル【HSP900-2シリーズ】

100kWモデル(HSP900-1000LFH2)外観写真

特長

新開発のMPPT(最大電力点追従制御)を採用(特許出願済)

  • 日射変動時に高速な追尾を可能としました。
  • 部分影状況下における探索能力が向上しました。

アモルファス変圧器を採用(専用設計)

  • 実使用領域の電力変換効率を向上

FRT要件(系統連系規程:JEAC9701-2012)に対応

  • FRT:Fault Ride Through(系統擾乱時における運転継続性能)

最大入力電圧をDC750Vに拡大*1

  • さまざまな太陽電池の組合せに柔軟に対応できます。
  • システム発電効率の向上に寄与します。
  • 施工性向上に寄与します。
*1
DC700〜750Vは開放電圧であり、運転はできません。

パワーコンディショナ 9.9kWモデル【SPVD-3シリーズ】

9.9kWモデル(SPVD-099LF3)外観写真

特長

幅の広い入力電圧範囲

  • さまざまな太陽電池モジュールに対応

外箱はステンレス鋼(SUS304)を採用

保護等級IP65に適合

JIS C 0920:2003(IEC 60529:2001)に基づく

  • IP6X(第一特性数字):耐じん形
    じんあいの侵入があってはならない。
  • IPX5(第二特性数字):噴流(water jet)に対して保護する。
    あらゆる方向からのノズルによる噴流水によっても有害な影響を及ぼしてはならない。

機器仕様

パワーコンディショナ

  100kWモデル
【HSP900-2シリーズ】
9.9kWモデル
【SPVD-3シリーズ】
型式 HSP900-1000LFH2 SPVD-099LF3
定格出力 100kW 9.9kW
絶縁方式 商用周波絶縁トランス方式 高周波絶縁トランス方式
直流
入力
定格入力電圧 DC345V DC400V
入力電圧範囲 DC0〜750V DC0〜570V
入力運転電圧範囲
(定格出力範囲)
DC315〜700V
(DC315〜700V)
DC150〜570V
(DC250〜540V)
入力回路数 2回路 7回路(MAX11A/回路)/
1回路(一括入力の場合)
交流
出力
相数 三相3線
定格出力電圧 AC202V
定格周波数 50/60Hz
定格出力電流 286A AC28.3A
出力電流ひずみ率*1 総合電流5%以下、各次調波3%以下
最大電力
変換効率
96.7%*3
電力変換効率*2 95.3% 93.5%(接続箱機能除く)
連系保護 過電圧(OVR)、不足電圧(UVR)、過周波数(OFR)、不足周波数(UFR)
単独
運転
検出
機能
受動的方式 電圧位相跳躍検出方式
能動的方式 周波数シフト検出方式 無効電力変動方式
接続箱機能 無し 有り
トランスデューサ機能 無し 有り
使用
環境
周囲温度 -5〜40℃ -25〜60℃
(40℃を超える場合は出力制限にて運転)
相対湿度 20〜85%(結露しないこと) 0〜90%(結露しないこと)
標高 1,000m以下 2,000m以下
盤構造 屋内自立閉鎖型 壁掛型(屋内・屋外)
外形
寸法
W 798mm 600mm
D 945mm 280mm
H 1,900mm 600mm
    ベース及び天井カバー含まず 取付金具及びファン等突起物含まず
質量 1,100kg 64kg
機能 電圧上昇抑制制御、力率一定制御、FRT機能
*1
定格電流出力時における値です。
*2
JIC C 8961に示された効率測定法に基づいて測定された値です。保証値ではありません。
*3
定格入力電圧DC315V、40%出力時における値です。保証値ではありません。

FRT : Fault Ride Through(系統擾乱における運転継続性能)

ソリューションに関するお問い合わせ