ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立産機システム

人々の安心安全を支える時空間情報を提供します
通信ネットワークの幅を広げる無線通信ソリューションです

無線網へのダイヤルアップルータとして使用可能な、CDMA 1Xモジュールを搭載した高速通信対応のパケット通信端末です。
CPTrans-WIN、CPTrans-EX2についてはWebページでネットワーク設定ができるなど、使いやすさにこだわりました。機器の遠隔監視、移動体のデータ送信、位置情報管理ほか、幅広い用途でお使いいただけます。

ネットワークシステム構成

ネットワークシステム構成図

特長

近距離無線と組み合わせる高度なソリューションに対応

センサネットワーク

ひとつのシステムでセンサ情報も機器のデータも送信できます。

温度監視

リアルタイムで温度を監視し、異常時は素早く通知します。

時空間情報システム

時空間情報や位置情報を利用することにより、情報システム中のデータ管理を容易にします。

組込み用専用端末の開発によりOEMにも対応が可能

アプリケーション例

アプリケーション例

多様なインタフェースを備えた充実のラインアップで幅広くサポート

LAN、RS-232Cなど

機能

CPTrans 間通信機能

KDDI 網を利用してCPTrans 同士で直接通信を行うことが可能です。

CPTrans同士の直接通信

NTP*1 サーバ機能*2

KDDI 基地局から時刻データを取得し、お客様の機器に正確な時刻データを送信することが可能です。

*1
Network Time Protocol
*2
CPTrans-WINの機能となります。

OTA機能*3

auネットワークを利用して遠隔地に組み込まれた通信モジュール回線の開通・停止が操作できます。

*3
Over The Air

VJ*4圧縮機能

CPTransとサーバ間でVJ圧縮を行い、データ通信量を減らすことによりパケット通信料を抑えることができます。

*4
Van Jacobson compression

GPS 位置測位機能

GPS衛星と基地局を利用したgpsOne™測位方式を採用していますので、通信モジュールの位置情報が確認できます。

この製品に関するお問い合わせ