ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立産機システム

お問い合わせ メールによるお問い合わせ

技術資料等ダウンロード

カタログPDFライブラリページ

生産終了機種に関して

用途に合わせて選択できるCPUモジュール

用途に合わせて選択できるCPUモジュール

大容量データロギング SDカード (高機能モデル、CNCモーションモデル)

CPUモジュールにSDカードが実装可能ですので現場で発生するデータを簡単にロギングすることが可能となります。
(ファイルアクセス用のファンクションブロックを用意)

大容量データロギング SDカード (高機能モデル、モーションモデル、二重化モデル

EtherCAT®マスタ&ソフトモーション
(EtherCAT®マスタ機能は全モデルに搭載、ソフトモーション機能はモーションモデル・CNCモーションモデルに搭載)

CPUモジュール本体LANポートにEtherCAT®マスタ機能&モーション制御機能を搭載。スレーブにはサーボ以外のEtherCAT®スレーブの組み合わせが可能です。
(インバータ、IOターミナル等)

EtherCAT®マスタ&ソフトモーション

PLCopen準拠 モーション制御用 ファンクションブロック対応 (モーションモデル・CNCモーションモデル)

単軸でのPTP位置決めから補間制御、電子カムなどの同期制御に加え、速度制御やトルク制御まで、FBの組み合わせで実現が可能です。

PLCopen規格に適合したモーション制御

  • 単軸 Part I and II
  • 主軸/従軸(例:MC_CamIn、MC_GearIn、MC_Phasing etc.)

PLCopen準拠 モーション制御用 ファンクションブロック対応 (モーションモデル)

GP4000シリーズプログラマブル表示器接続可能 (全モデル CODESYS V3 Ethernet Driver対応)

H・EH/EHVシリーズPLCと共通のプログラマブル表示器が接続できます。(弊社取り扱い機種:12.1型、10.4型、7.5型、5.7型の4タイプ)

GP4000シリーズプログラマブル表示器接続可能 (全モデル CODESYS V3 Ethernet Driver対応)

*
GP4000シリーズプログラマブル表示器に関してはカタログ(日立プログラマブル表示器GP4000シリーズ)をご覧ください。

保守コスト低減 (全モデル)

ファンレス構造
CPUモジュールには消耗品となる機械的メカは不採用。
バッテリレス
プログラムメモリおよびデータメモリには不揮発性メモリを採用。機械の製造記録をバッテリレスで保存し、不慮の停電などで電源が切れても大切なプログラムとデータを守ります。
*カレンダ・時計データの保持にはバッテリが必要です。

技術的なお問い合わせ

技術的なお問い合わせは、下記の技術相談窓口までお問い合わせください。
           ※電話番号・メールアドレスはお間違えのないように、お願いいたします。

TEL お電話の場合
  NTTフリーダイヤルマーク フリーダイヤル 0120-46-3444
         TEL TEL 携帯電話の場合は0254-46-3444をご利用ください。

TEL FAXの場合
  FAX受付番号 0254-46-3321

TEL メールでのお問い合わせ
  技術的なお問い合わせメールアドレス

受付時間

月〜金曜日(祝日・弊社休業日は除く) 9:00〜12:00 / 13:00〜18:00

技術資料

  • CADデータ
  • 取扱説明書
  • 技術資料
  • 設定ファイル
  • ソフトウェア
  • カタログ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

この製品に関するお問い合わせ