ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立産機システム

  • ※出力0.75kW以上は別シリーズにてご案内しております。

各種機械の省エネに貢献!
日立高効率モータ
SuperPowerシリーズ

高効率

  • 0.2kW〜160kW
  • JIS C4212対応

ENERGY SAVINGロゴ

省エネ環境とJIS規格制定に関する情報

[地球環境保全][省エネ法改正]
[モータの電力使用状況]
[国内における高効率化への動き]
[海外における高効率化への動き]

SuperPowerシリーズの特長

1.高効率・省エネルギー

従来の高効率モータ(New EX)に対し、モータの心臓部である鉄心形状の最適化、材料の高級化をさらに進め、損失を約20〜30%(当社標準モータ比)低減。2000年7月に制定されたJIS高効率規格(JIS C4212)に対応しており、各種機械・システムの省エネ(節電)運転に貢献します。
(JIS効率値は、こちらを参照下さい)

*
米国EPAct(米国エネルギー政策法)の効率基準値に対応した製品もご用意しています。

2.耐環境性・長寿命

電気部の合理的な設計と、アルミ合金フレームの高冷却効果により、ステータコイル温度を約10〜20℃低減しました。コイル絶縁寿命は、標準モータに比べ約2倍。軸受寿命も約2.5倍(標準モータ比、4P、6P横型機種の計算グリース寿命で約50,000時間:平均周囲温度30℃、商用電源)の長寿命化を実現しています。

*
(軸受の機械的寿命は、ベルト掛けの条件等により異なりますので、ご注意ください。)

3.インバータ駆動

低損失設計によって、0.2〜37kWの4P機種は、インバータでの1:10(6〜60Hz)の定トルク運転を可能としました。(弊社センサレスベクトル制御インバータ採用時)もちろん、弊社標準モータで評価の高い、400V級(460V60Hzは除く)インバータに対応した絶縁システムを採用しています。

4.標準と同一取り付け

標準モータと同一取り付け寸法なので、高効率モータへの置き換えは簡単です。また、従来のNewEXモータに比べ、標準モータと同一寸法範囲を拡大しました。

5.小型軽量化

従来のNewEXモータをさらに軽量化。標準モータに迫る、軽量化を実現しています。

6.低騒音・低振動

ザ・モートルシリーズで定評のある、低騒音・低振動技術を踏襲しています。

7.使えば使うほど経済性アップ

高効率設計のため、製品コストは標準モータと比べて高くなりますが、運転コストが低減されるため、初期のコスト増加分は短時間で回収できます。その後は、稼働時間に比例して経済的に有利となります。特にモータの使用台数が多く、長時間運転する用途には、効果がはっきりとあらわれます。

高効率モータの経済性

高効率モータの経済性

【試算例】




出力 15kW 年間省電力料金
約32,050円
高効率モータの効率 90.6%
標準モータの効率 88.5%
年間運転時間 4,800時間(16時間/日)
電力料金 17円/kWh

主な用途

  • ファン、ポンプ、コンプレッサー、などの風水力機器に。
  • 化学プラント、鉄鋼プラント、製紙プラントなどの、稼働時間が長く連続運転される機械に。
  • 省エネルギーをめざす機械に。

サポート

この製品に関するお問い合わせ